歯の治療(歯槽膿漏)

ホームへ戻る > 歯の治療(歯槽膿漏)

歯医者が苦手な人はどうすればいい?
夜間診療をしている歯医者
日曜診療をしている歯医者
歯医者のブリッジ治療のデメリット
ブリッジと歯磨き

歯槽骨歯槽膿漏は、悪化すると歯槽骨というあごの骨が溶けてしまいます。一度骨が溶けると、元には戻りません。そのうち歯が抜けてしまいます。歯の神経が腐ってしまっているので、痛みもなく歯が抜け落ちてしまいます。


歯の治療は虫歯だけではありません。歯を失わせてしまう歯槽膿漏も、歯の治療ということを考えた時、避けるべきです。 


歯槽膿漏は、歯周病と同じ意味です。歯周病は、歯の周りの炎症を総称する名称です。初期の歯周病は歯肉炎、中期なら歯周病、重度なら歯槽膿漏と呼んでいたりします。歯槽膿漏は、歯周病の中でも、最終段階であり、きちんとケアしないと、歯を失ってしまいます。虫歯を削って歯を失わないように歯の治療を行うのと同じくらい、大切です。

歯槽膿漏の状態では、舌や歯の汚れ、虫歯などによって、口臭がします。出血があり、歯に食べ物が挟まりやすくなります。歯がぐらぐらしています。歯槽骨が溶けているためです。重度になってから、やっと歯が痛くなります。歯肉もピンク色ではなく、黒っぽい色になります。 


歯槽膿漏の治療には、薬、歯周外科手術、歯肉切除手術、歯肉剥離掻爬手術(しにくはくりそうはしゅじゅつ)、歯周病再生手術(GTR)などがあります。虫歯がある場合は、歯の治療も並行して行われます。手術したあとも、定期的に歯肉の様子や歯石の有無を確認する必要があります。手術が終わって安心し、メンテナンスを怠ると、知らぬ間にまた進行して逆戻り、というのはよくあるケースです。