歯医者のブリッジ治療のデメリット

ホームへ戻る >  歯の治療(歯槽膿漏)  > 歯医者のブリッジ治療のデメリット

歯医者のブリッジ治療のデメリット入れ歯に比べてメリットが多いといわれるブリッジ。歯科で行う欠損した歯の治療法として注目されています。ただ、この治療法も完璧なものではありません。いくつかの注意点やデメリットもあります。その点も踏まえたうえで検討していくことが求められます。


ブリッジのデメリットとしてまず挙げられるのが両側の歯を削る必要があること。削った上で器具を装着し義歯を支えるのです。つまり健康で問題がない歯を削ることになります。もちろんメリットがあるためにこの方法を行うのですが、削るというだけでも抵抗を感じてしまう人も多いでしょう。また、そもそも支える土台となる健康な歯がない場合には治療そのものを行うことができません。

何本も連続して歯が欠損している、あるいは土台になるほど健康な状態ではない場合には治療できないのです。これはデメリットというより、この治療法の限界というべきでしょう。なお、隣の歯がない奥歯も同様です。もうひとつ、保険適用と見栄えの関係もあります。ブリッジは他の歯科治療と同様、保険適用で受けられる点が大きなメリットとなっていますが、いくつかの面で限界があります。


それは素材。保険適用では前から3番目の歯までレジンの義歯を使用することができますが、それ以外は金属の歯、つまり銀歯となります。そのため保険適用内で済ませようとすると見栄えの問題が生じるのです。こうした注意点・デメリットはどれも見逃せないもの。それだけに事前に歯科医師とよく相談した上で検討し、最終的な判断を下すことが求められるでしょう。