ブリッジと歯磨き

ホームへ戻る >  歯の治療(歯槽膿漏)  > ブリッジと歯磨き

高齢や事故、あるいは虫歯・歯周病による抜歯などで歯を失ってしまった場合、それを補う義歯が必要となります。歯科医院ではさまざまな治療法を用意していますが、その中でもブリッジは重要な選択肢となります。この治療法は両隣の歯を削り、義歯と一体化したクラウンを装着する方法です。そのため見栄えがよく、また咀嚼能力も入れ歯に比べて優れている特徴があります。健康な両隣の歯を削らなければならない点が大きなネックですが、寿命も長く、保険適用も可能といったメリットにも恵まれています。


ただ、このブリッジにはひとつ注意しなければならない点もあります。それは毎日の歯磨き。ブリッジを装着した場合、両隣の歯の境目が虫歯になりやすいのです。歯ブラシが届きにくく、またうまく磨くことができないため磨き残しが多くなり、虫歯菌が繁殖しやすい環境になってしまいがち。

飛田歯科医院のホームページ
http://www.tobitadc.jp/

その結果、もともと健康だった両隣の歯まで問題が生じてしまう恐れが出てきます。さらに、歯茎の部分にも汚れが溜まりやすく、歯間ブラシなどでしっかりと磨いていく必要があります。


こうしたブリッジならではの歯磨きは歯科医院でしっかり指導を受けたうえで正しい方法で行っていくことが大前提です。これまで以上に念入りなブラッシングが求められるでしょう。そしてきちんと磨けているかどうか、歯科でチェックしてもらう習慣も忘れてはなりません。こうした手間や心がけを負担に感じる人もいるでしょう。ブリッジの治療を受ける上で欠かせないポイントしてあらかじめ踏まえておいた方がよさそうです。

広瀬町 歯医者
http://www.tobitadc.jp/