歯医者のブリッジ治療の保障

ホームへ戻る > 歯医者のブリッジ治療の保障

歯科医院のブリッジ治療の種類
ハワイの水を飲んでみよう
長野の水と和歌山の水
おいしい水の分類
販売水のウォーターサーバーがお勧めの人

入れ歯やブリッジの治療を受ける際の大きな不安材料となるのが使用中の破損。せっかく治療を受けて義歯を装着したにも関わらず、すぐに外れてしまったり、固いものを噛んだときに割れてしまったといったトラブルに見舞われることもあります。ではブリッジではこうした問題がどの程度つきまとうものでしょうか。


この治療方法のメリットのひとつに噛む力を分散できる点があります。両隣の歯を支えにして装着するため、噛む力を適度に分散させることができるのです。これは歯周病の予防にも大きなメリットがありますが、入れ歯に比べて噛む際の負担による破損のリスクが少ない点でもメリットが期待できます。入れ歯に対して寿命が長いといわれている理由のひとつでもあります。

もうひとつ、歯科でこの治療を受ける場合に知っておきたいのが保障。実は歯科において保険適用でブリッジの治療を受ける場合には治療費の中に保障が含まれているのです。


これは「補綴物維持管理料」と呼ばれるもので、2年間以内に壊れてしまったり、外れてしまった場合、あるいは治療した部分が虫歯になってしまった場合には無料で再治療を受けることができる制度です。ですから、最低限2年間は追加費用の必要がなく安心して日常生活を送ることができるのです。ただ、注意したいのは歯科によってこの保障を設けているところといないところがある点です。とくに料金が安いところは要注意。いざ2年以内にトラブルが発生した場合でも改めて料金を支払って治療を受けなければならなくなります。歯科医院を選ぶ際にはこの点も考慮した上でよく検討したいところです。