歯科医院のブリッジ治療の種類

ホームへ戻る >  歯医者のブリッジ治療の保障  > 歯科医院のブリッジ治療の種類

両隣の歯を削り、クラウンと一緒に義歯を装着するブリッジ。入れ歯よりも見栄えがよく、また耐久性にも優れている点から欠損した歯の治療法として人気です。この治療法ではクラウンを使用するため、その素材によっていくつかの種類があります。治療を受ける際には歯科でどのような種類を取り扱っているのか確認しておくことも大事なポイントとなります。


もっとも一般的で保険適用で受けられるのがレジン。金属のフレームに白いレジンを使用することで見栄えに配慮した作りとなっています。金属のフレームを使用しているので一定の強度がありますが、長期間の使用によるレジンの変色、あるいは歯の裏側から金属が見えてしまうといった難点もあります。


審美歯科で人気の高い選択肢となっているのがオールセラミックです。クラウンすべてがセラミック製になっているものです。このクラウンの最大の魅力は審美性に優れている点。白く輝くような歯、それでいて自然な感じを与えてくれます。また、金属アレルギーの人でも問題なく使用できる点も大きなメリットとなるでしょう。


その一方、保険適用外のため全額自己負担になります。数万円単位の出費が必要となるのが難点です。他にも金属とセラミックのメリットだけを取り入れたメタルボンドなどの選択肢もあります。ブリッジの治療においてもクラウンの選択は重要な点となるでしょう。歯科の選択にも関わってくるはずです。とくに審美的な面でこだわりたい人にはブリッジの判断材料として大きな意味を持つことでしょう。