長野の水と和歌山の水

ホームへ戻る >  歯医者のブリッジ治療の保障  > 長野の水と和歌山の水

日本各地の水が販売されています。販売と言っても一つの会社が名水と呼ばれる水を産地で採取して、衛生状態などをきちんと調べてから、ご家庭に届けるものです。自然に恵まれた日本は名水が北海道から沖縄までいくつもあります。売り出している水は会社によって違いがあるので、消費者は好みのものを選ぶことができます。長野の水を販売している会社もあれば、和歌山の水を販売している会社もあります。それぞれの会社のホームページで水の成分をくわしく紹介しているので、それを読んで購入を決めることができます。


一口に水と言ってもいろいろな個性があります。長野県で取れる水は硬度が低いものが多いです。硬度が低い水は一般に体に優しいと言われています。

カルシウムやマグネシウムの量が少ないので、腎臓などに負担をかけることがありません。赤ちゃんにも安心して飲ませることができます。またはミルクを溶くに使うこともできます。その水を非常に目の細かなフィルターでろ過して、純度を高めて販売している会社もあります。


和歌山県で取れる水は硬度がやや高いものです。カルシウムやマグネシウムの含有量が多くなっています。普通の食事でこれらのミネラルが不足しがちな方にお勧めです。硬度が高いと言っても硬水ではないので、料理などにも使えます。煮物を作るときに中に入れるものの煮崩れを防ぐ働きがあります。なべ物やしゃぶしゃぶなどにも向いています。コーヒーや紅茶を飲むときにも使えます。