おいしい水の分類

ホームへ戻る >  歯医者のブリッジ治療の保障  > おいしい水の分類

おいしい水というのは、さまざまな種類が販売されています。コンビニやスーパーに行っても、そのほかの清涼飲料水に負けないくらいの種類が用意されていることもあります。そのなかでは、いくつかの種類に分けられることも知っておくのがいいでしょう。どれも天然水、あるいはミネラルウォーターじゃないのかと考えている人もいるかもしれませんが、実際には加工された水として販売されているものもあるのです。もちろん、どれも水道水より質が良いという点については違いはありません。


たとえば、おいしい水としてだれもが思い浮かべるミネラルウォーターですが、天然の原水にミネラル分が多く含まれているものをナチュラルミネラルウォーターと呼びます。ただし、採取したものをそのままパッケージしているものばかりかと言うとそうではありません。やはり、ろ過や加熱殺菌という過程を経て安全性を高めてから商品として流通しているものもあるのです。いっぽうで、水道水と同じような工程を経てパッケージされたものもあります。

また、おいしい水として加工されたピュアウォーターなども販売されています。これは、不純物のほとんど入っていない純度の高い水のことです。そのほか、外国産の水と国産の水に分類することもできます。外国産の水は硬水が多く、国産の水は軟水が多いのが特徴です。外国産のなかには炭酸が含まれているタイプもあります。たかが水といってもいろいろな種類があり、値段も分かれているというわけです。