矯正のデメリットは裏側矯正で払拭できる

ホームへ戻る > 矯正のデメリットは裏側矯正で払拭できる

見た目を気にしない「裏側矯正」
裏側矯正を行う前に
部分矯正とは?
矯正中には歯が痛くなる?
矯正の後にはホワイトニング

歯の矯正について、その内容を嫌う方も多いのではないでしょうか。矯正器具をつけることによってその間見た目が悪くなってしまう、とか、その期間が長くかかってしまう、ということが特に強いデメリットである、と考える方もいるでしょう。


しかし、歯科矯正の技術や器具については、今とても進歩をしています。仕事上見た目を気にしなければならない方や、思春期で「友だちに(矯正器具をつけることで)からかわれる原因になってしまう」と悩む方には、「裏側矯正」をぜひお勧めします。

裏側矯正は、文字通り歯の裏側に矯正を行う器具を装着して矯正を行う矯正方法のことです。この矯正方法だと、器具が歯の裏側にあるので一見矯正をしていないのと同じ外見に見えます。矯正を行っていることを、何らかの理由で他人に知られたくない、という方にもお勧めですね。また、矯正器具をつけていると虫歯になりやすい、といわれていますが、裏側矯正の場合はそのデメリットもありません。


もちろん、裏側矯正を行っているからといって歯磨きをおろそかにしたり、歯磨きそのものを怠ってしまうと虫歯になってしまいますので、その点は誤解をしないようにしましょう。ちなみに、裏側矯正は審美性が高いことと、そのメリットが大きい分、かかる費用も通常より少し高め。費用や歯並びの状態、医師の診察などから総合的に判断をして、どのように矯正を行っていくのかを決めていくようにしましょう。