裏側矯正を行う前に

ホームへ戻る >  矯正のデメリットは裏側矯正で払拭できる  > 裏側矯正を行う前に

歯の矯正において、審美性が高いといわれている「裏側矯正」。これは、歯の裏側に矯正用の器具をつけて矯正を行う、という矯正方法のことなのですが、通常は歯の表側につける矯正


装置が歯の裏側にあるので、見た目には矯正をしている、ということがわかりません。職業柄、見た目に関して厳しい職業の方々などには大変お勧めの矯正方法ともいえます。


この裏側矯正は、一般的な表側からの歯科矯正と、矯正器具の作成方法が少し違います。歯の表側はつるつるしていて広く、また、目視で矯正器具を取り付けていくことができるので、矯正を行う手順としては比較的スムーズです。

しかし、歯の裏側に関しては見えにくく、歯の裏側自体もでこぼこしていて物理的に矯正器具を取り付けにくい状態にあるので、裏側矯正を行う場合、まず患者の歯型をあらかじめ取り、その模型上で患者に合う矯正装置を作る、ということになるのです。オーダーメイドの矯正装置ということで、その矯正器具を作る際には矯正に関して熟知した医師と歯科技工士が連携をして作成をするのですが、精密な技工を必要とするので、裏側矯正をお考えの方は、この分野に詳しいクリニックにて矯正を行ったほうがよいでしょう。


また、裏側矯正を行う場合、費用は通常の矯正よりも少し高めとなっています。そういう面も含めて、美しい歯並びを得るために、自分の行いたい矯正方法と方針をクリニックとよく相談して、自分の納得いく矯正を行うようにしてください。