住宅用ガレージ作りで注意したいこと

ホームへ戻る >  注文住宅・マイガレージハウスを作りたい  > 住宅用ガレージ作りで注意したいこと

注文住宅で家を新築する際、ガレージも一緒に作りたいと考える方も多いようです。青空駐車よりも車の保管度が高まりますし、防犯面に置いても安心感が高まります。注文住宅を発注する際、車庫づくりで注意したいことが幾つかあります。車を留置する台数や車種を伝えること、土地の広さや形状をしっかり確認してもらうことです。この二点は書面や言葉だけで伝えるのではなく、車と土地の現状を建築家に実際に見てもらいましょう。土地の現状を見てもらうことで居住スペースの面積を損なうことなく土地の有効活用ができるような注文住宅にプランを提案をしてもらえます。


ヴィンテージカーや、国産車の規格よりも大きな外車、カスタマイズカーを保管できるようなスペース造りのプランニングも即実行に移してもらえます。建築家の中には車をモチーフにした建築デザインを手がけてくれることもあります。

また、車を保管する以外のことを車庫内で行うかどうかも伝えます。レストアが好き、整備は自分で手がけたい、車庫はひとつの部屋のように行き来できるようにしたいなどというような車庫ができたらどのようなことをしたいかと言う希望までつたえましょう。


この夢を叶えるべく、居住スペースに続くドアを設けたり、排気ダクトを設けて排気が住居内にこもらないように工夫をするなどディティールにもこだわった家造りをしてもらえます。別棟で車庫を設ける場合でも、既成車庫商品の選定などの決め手につながりますので忘れずにヒアリングの際に伝えましょう。