注文住宅の費用

ホームへ戻る > 注文住宅の費用

注文住宅の費用の内訳
注文住宅の費用の相場
注文住宅の費用の実例
車種と住宅ガレージの広さ
免疫医療の費用

注文住宅を建てるにあっては、費用がかかります。その費用は、大きく分けると3つになります。まず、家本体を建てるのにかかる料金、次に家本体以外に必要な料金、必要に応じて追加されるかもしれない料金です。家本体を建てるのにかかる費用は、坪単価が60万円で35坪あるとすると、単純に計算すると2,100万円かかります。そして設計料が建設費用の8パーセントから10パーセント程かかります。また、地盤を調査するのにもかかり、大体10万円程見ておくと良いでしょう。

注文住宅を建てる前に大切なのは、建て替えの場合には、古い家を壊す料金がかかるということです。解体にあたってかかる料金は、1坪あたり3万円から4万円程になります。30坪だとすると、110万円程かかります。そして、確認申請費用というものが約20万円程かかり、さらに屋外の給排水にかかる料金が約100万円、他にも登記関係や火災保険、引越し費用や外構・造園工事、インテリア関係など実に様々な料金が注文住宅を建てる際にはかかってくるので、覚えておきましょう。


必要に応じて追加されるかもしれない料金としては、地盤改良費用が挙げられます。表層改良では20万円から50万円、柱状改良であれば、40万円から90万円程度料金がかかります。注文住宅の場合、オプションがいくつかあり、それを注文することによって料金は高くなってしまいます。自分の思い描いたままの住宅を建てることができるのが、注文住宅の大きな魅力ですが、自分の払える範囲で建てるということも大切です。