車種と住宅ガレージの広さ

ホームへ戻る >  注文住宅の費用  > 車種と住宅ガレージの広さ

カーマニアで日本車よりも車体が長い車を所有している、改造車で車高を高くしている、キャンピングカーの牽引部分を保管したいなど、ガレージに対して様々なニーズがあります。注文住宅を発注する際に、プランニングの段階で車に関する情報を必ず伝えるようにしましょう。手持ちの土地に居住スペースと車庫を設けたい場合、必要な情報になります。車種や車の状態によっては通常の車庫に用いる大きさの商品を導入するのは不適当になる場合も考えられます。別注品や他のメーカーが販売する車庫を導入するというような検討も行う必要があります。


また土地に駐車スペースを確保できるかどうかの問題もありますので、ヒアリングの際には必ず話題に取り入れてもらいましょう。

また車の他にバイクや工具、その他の道具などを置くスペースが欲しい場合も必ず伝えるようにしましょう。規定の車庫以外の大きさで建築しようと考える場合、かならず見積もりを確認しましょう。またガレージを部屋として使いたいというような特殊な使い方をしたいと考えた場合もそれに関する費用などを確認されることをおすすめします。もちろん車庫とみなされなければ税金に関する事柄も大きく変わってしまいますので、建築家と相談をしながらことを進めていくことが大切です。


注文住宅のプランニングを行う際には、コレクションにしている愛車を確認してもらうことも一案です。愛車のテイストを生かした内装を施してくれる建築家も多くいますよ。